若者による情報発信を通して
福井を元気にするサイト

この特記事項は、「ふくい若者チャレンジクラブ」(以下「若チャレクラブ」という。)の登録や、ふくい若者チャレンジクラブ事務局(以下「事務局」という。)が行うメンバーならびにサポーター(以下「メンバー等)という。)への情報提供(以下「情報提供」という。)等に関し、事務局とメンバー等との間で適用されます。

第1条(登録)

メンバーならびにサポーターに登録を希望する方は、ふくい若者チャレンジクラブ規約(以下「規約」という。)の内容に同意の上、所定の申込書に必要事項を記載し申請してください。

  • 2 以下の場合には、事務局は登録を拒否することがあります。
    • (1) 登録の際に提出された登録情報に疑義がある場合
    • (2) 登録希望者が過去に本特記事項等に違反し、登録を抹消されたことが判明した場合
    • (3) その他、事務局が不適切と判断した場合

第2条(メンバー等の責務)

メンバー等は、自己の責任において登録するものとします。また、メンバー等は規約第4条に定める事業を通じて、他のメンバー等その他第三者の権利を侵害したり、感情を害したりすることのないよう、最大限の注意を払うものとします。

  • 2 メンバー等は、事務局からの電子メール・電話等による通知・連絡に可及的速やかに対応するものとします。メンバー等の対応の遅れに起因してメンバー等に生じた不利益については、事務局は一切の責任を負いません。
  • 3 メンバー等は、自己に関して登録の際に事務局に通知した登録情報および規約第4条に定める事業を通じて、登録したすべての情報の正確性について責任を負うものとし、事務局は当該情報の正確性について保証しません。
  • 4 登録情報が虚偽または不正確であったことにより、他のメンバー、自己または第三者に損害や迷惑を生じさせた場合は、メンバー等自身がその一切の責任を負うものとします。
  • 5 メンバー等は、登録した情報に変更が生じた場合、変更後の情報を直ちに事務局にメール等により通知するものとします。
  • 6 メンバー等は、本特記事項に違反して直接間接を問わず事務局に損害を与えた場合、その賠償責任を負うものとします。

第3条(禁止事項)

メンバー等は、規約第4条に定める事業を利用するにあたり、以下の行為を行ってはならないものとします。禁止事項に違反した場合には、予告または承諾なく、登録を抹消することがあります。

  • (1) 事務局もしくは他者の名誉、信用、プライバシーを害し、誹謗中傷する行為、または、不当に事務局の事業活動を妨害する行為
  • (2) 事務局もしくは他者の財産(知的財産権を含む)を侵害し、または侵害するおそれのある行為
  • (3) 他のメンバー等に対する、営利を目的とする行為ならびに政治活動、宗教活動、思想活動等を目的とする行為
  • (4) 社会人として不適切な言動・態度・服装等により、他のメンバー等に不快感を与える行為
  • (5) 他のメンバー等への強要、つきまとい等、相手方が主観的に迷惑と感じる行為
  • (6) 他のメンバー等の個人情報を収集、蓄積する行為、またはそれらの個人情報を無断で第三者に開示する行為
  • (7) 過去に事務局が登録を抹消した者を規約第4条に定める事業に参加させる行為
  • (8) その他、法令に違反する行為、および違法な行為を助長する行為ならびに本特記事項または公序良俗に反すると事務局が判断する一切の行為

第4条(退会)

メンバー等は、いつでも退会できるものとします。事務局に退会を申請することにより、事務局は登録情報を削除します。なお、メンバー等が退会を申請してから事務局が当該退会処理を完了するまで、一定の時間を要する場合があります。

  • 2 事務局は、メンバー等が以下の事由のいずれに該当する場合、またはそのおそれがあると判断した場合、メンバー等への会員への予告または承諾なく、当該メンバーを退会(強制退会)させることができるものとします。その場合、事務局は当該メンバーに強制退会の理由を開示する義務を負わないものとします。
    • (1) 事務局に提出した登録情報に、虚偽の情報が含まれていた場合
    • (2) 規約の条項に違反した場合
    • (3) その他、事務局が会員として不適切と判断した場合
  • 3 前項により強制退会させられた元メンバー等は、若チャレクラブに再登録することはできません。
  • 4 退会の理由の如何を問わず、退会した元メンバー等は、退会前になした行為に関する責任を免れることはできないものとします。

第5条(免責事項)

事務局の役割は、メンバー等が支障なく活動できるように若チャレクラブを運営することに限ります。

  • 2 メンバー等と事務局との連絡は、事務局の勤務時間内における、担当職員との電子メール等を通じてのみ行うものとし、メンバー等が、事務局所定のメールアドレス・電話番号以外へ行った連絡が適切に処理されなかった場合も、事務局は一切責任を負いません。
  • 3 メンバー等が若チャレクラブの活動を通じて何らかの損害を被ったとしても、事務局は一切責任を負わず、メンバー等は、事務局に対し、損害賠償・慰謝料等いかなる請求も行わないものとします。また、メンバー等が、若チャレクラブの活動を通じて、他のメンバー等または第三者に対して損害を与えた場合も同様とします。
  • 4 メンバー等との間または第三者との間に生じたトラブルや問題は、当事者間で解決するものとし、事務局は一切関与しません。
  • 5 事務局は、メンバー等に対し、若チャレクラブの活動を通じて取得する情報等について、その真偽、正確性、確実性、有用性、適法性等についていかなる保証も行いません。
  • 6 事務局は、メンバー等が提供する情報について適宜その内容の掲載可否を判断し、問題があると判断した場合は、メンバー等への予告または承諾なく当該情報の削除や修正を行う権利を有するものとします。また、それによって生じた紛争や損害について、事務局は一切の責任を負いません。
  • 7 事務局は、情報提供で配信された事項を削除しなかったことにより、メンバー等が被った損害について、一切の責任を負いません。
  • 8 事務局は、裁判所や警察などの公的機関から法令に基づく正式な照会を受けた場合には、メンバー等の情報、事務局とメンバー等との間の電子メール、電話等による連絡の内容を開示することができるものとします。事務局は、それによって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。

第6条(本規約の違反行為等への対処)

メンバー等は、本特記事項に違反する行為を知った場合は、速やかに事務局へ連絡するものとし、事務局が本特記事項の違反行為に対する対処について、異議を申し立てることはできないものとします。

第7条(準拠法および管轄裁判所)

メンバー等と事務局との間で訴訟の必要が生じた場合、事務局所在地の地方裁判所を第一審の管轄裁判所とします。

第8条(本特記事項の改訂)

事務局は、本特記事項の全部または一部を、メンバー等への事前の通告なく改訂する場合があります。メンバー等は、最新の規約を確認して同意の上、登録するものとします。本特記事項の改訂があった場合、改訂前および改訂後を問わず、すべてのメンバー等に対して適用されるものとします。本特記事項の施行前にメンバー等によって行われた行為についても、本特記事項が適用されるものとします。

  • ふくいお国自慢
  • ふくい、みつけた
  • ふくい学生祭

ふくい若者ポータルサイト

若チャレ 福井若者

ふくい若者チャレンジクラブ
事務局:福井県総合政策部ふるさと県民局若者・定住支援課
〒910-8580 福井市大手3丁目17番1号
電話:0776-20-0638
FAX:0776-20-0644
mail:youthchallenge@pref.fukui.lg.jp

© 2015 Fukui Prefectural Goverment All Rights Reserved.

△PageTOP